介護の仕事ってどんなもの?どうやって始めればいいの?

介護は高齢者の生活支援

介護の仕事は基本的に高齢者の生活をサポートするためのものであり、日常的な生活に寄り添った内容のものが多い傾向があります。

代表的なものである身体介護と呼ばれるものは普段行っている動作を援助するもので、食事や排せつ、清潔面などその人ができない部分のみを支援していきます。またあまり聞きなれない人も多い生活援助の場合は、高齢者の代りに掃除や洗濯をする、食事の準備や買い物など日常生活の中でできない部分をサポートするものが多いです。

ほかにも自宅で家族が介護をしている場合は家族の相談に乗ったり、高齢者の話し相手になるのも大切な介護の仕事とされています。

介護の仕事は施設と訪問の2種類

また介護の仕事は自宅に訪問して行うタイプのものと、施設で行うタイプの2種類があります。

自宅に訪問して介護をする訪問介護は決められた時間内で指定された支援を行うもので、1日に複数の高齢者の家を訪問するようになります。それに対して施設の場合は高齢者を送迎する形で来てもらったり、施設で生活している高齢者に対してその人に必要な支援を行っていくものです。どちらにもそれぞれメリットやデメリットがあるほか、介護する内容や入所する高齢者によって種類がいくつかあります。

仕事の始め方は多種多様

介護の仕事を始めるためには、いくつかのルートが挙げられています。

例えば介護の資格を通信または学校で取得してから、介護施設に就職するというケースが一般的なものとして知られています。これ以外にも自宅で介護をしていた経験を活かして就職する人もいますし、ボランティア活動から介護の仕事を始める人も少なくないようです。

介護の求人を東京で探すためには、福祉分野に特化した求人サイトが役立ち、新着情報も含めた豊富な案件を把握できます。