どんな仕事をしているの?産業医の仕事を解説!

職員の健康管理や衛生管理をする医師

産業医とは簡単に言ってしまえば、契約した会社に勤務している職員の健康管理を行っている医師を言います。会社の規模によって1人ないし2人ほど配属されるようになっていて、基本的には専属ではなく複数の企業を兼任しているようです。ただし危険物などを取り扱っている会社など一部の企業は専属の産業医を配置する必要があるとされていて、企業にとっては必要不可欠な存在となっています。

産業医の仕事内容とは?

産業医の主な仕事は契約している会社に勤務する職員の健康管理なのですが、そのために職場環境を巡回して確認したり、健康や衛生に関する教育を行っています。ほかにも職場環境と健康に関するリスクの評価や改善、定期的な健康診断やストレスチェック、企業の衛生委員会への参加など非常に幅広い業務を担っているのです。これらの仕事は定期的に行われており、場合によっては企業からの依頼を受けて行われる場合があります。この中でも特に重要視されているのが健康診断やストレスチェックであり、中でもストレスチェックはうつ病の早期発見や予防対策となっているようです。

巡回健診ってどんな仕事?

そんな産業医の仕事内容のひとつに、巡回健診と呼ばれているものがあります。これは複数の企業を検診車で巡回しながら行われる健康診断であり、複数の企業と契約している産業医や健康診断を依頼された産業医が行っています。検診車の中には様々な検査器具や機械が備わっており、会社内に検査に関する器具や機械を持ち込まなくてもスムーズに健康診断ができるところがポイントです。

産業医の募集を行っている会社は企業の採用担当者とのネットワークを持っており、いち早く求人情報を入手しています。企業との給与交渉は勿論、赴任先の現地情報もエージェントが教えてくれます。