転職して自分の専門以外の科に移ることも可能

需要のある科に移るのが簡単

医師の方が転職する場合は、自分の専門の科に移りたいと思われるのが自然な感情です。これまでの自分の知識や経験を生かせるので、専門の科に移るのは悪いことではありません。しかし、新しい領域のことを勉強したいと思われたら、他の科に移ることも可能です。経験のある人を採用する病院も多いですが、採用した後に新しい領域を勉強させてくれるところもあります。特に年齢の若い方だったら、専門以外の科に移るのは容易なことが多いです。精神科のような需要のある科だったら、採用の可能性が高くなります。

関連のある科だったら移りやすい

医師の仕事の中には、関連のあるものがあります。例えば、形成外科の仕事は、美容外科の仕事と関連があります。どちらも皮膚の表面のことを、診療します。このような例だったら、転職はさらに簡単になります。内科の仕事もいろいろな科に関連があるので、転職しやすいことがあります。まったく関連のない科に移ることもできますが、それよりは自分の今の仕事と関連のある科を、目指した方が良いでしょう。

需要のある科に移る方法もある

医師の方が転職する時は、需要のある科に移る方法もあります。この方法だったら、経験がなかったり、関連のない仕事でも採用されることがあります。現在は認知症の人が増えているので、認知症の治療をする科だったら、転職しやすいです。お年寄りの診療をするので、それまでの経験を生かしやすいメリットもあります。例えば、内科や整形外科の診療の経験を生かすことができます。お年寄りの場合は、その2つの領域の病気を持っていることがあるからです。ただし、認知症の治療は簡単ではないので、転職してからも勉強を続けなけれなりません。

収入だけではなくて当直の回数についても注目するのが、質の高い医師の募集情報を探して、理想の転職を実現するコツです。