どこで活かせる?英語が活かせる仕事や業界ってどこ?

英語を活かせる仕事は多種多様

英語の技術や資格を取得したけれども、どこに活かせば良いのか分からないと悩んでいる人は少なくありません。実は英語を活かせる仕事は外資系ばかりではなく、最近では様々な仕事や業種で活用できるようになって来ています。

では実際にどんな仕事や業種で英語を活かせるのか、英語の技術やレベルに合わせて紹介していきます。

初心者レベルにおすすめの仕事

簡単な英会話ができるなど初心者レベルであれば、料理店やテーマパークのスタッフがおすすめです。最近では外国人の観光客が増えているので接客業や飲食店でも外人と話す機会が多いので、初心者レベルであっても英会話が出来るのは強みになります。同じような理由で、旅行代理店のプランナーにもある程度の英語が求められています。

また通関士や入国審査官などの別の資格が必要な仕事の場合でも、入社してから英会話に関する研修があるので最初はそこまで英語力を必要としていないところも多いです。

日常会話レベルなら積極的に外人と関わる仕事も

日常会話が出来るレベルで英語のスキルがあれば、英語教材の編集者やツアーコンダクター、システムエンジニアなど実際に英語を教える立場に立ったり、外国人と関わる仕事にも就けるようになります。

特にシステムエンジニアは近年英語でのホームページ作成など英語の必要性が高まっているので、英語の技術や資格を活かせる仕事として注目されているようです。

生活圏レベルやビジネス面ならばさらに多種多様

もはや日常生活の中で英語が使えるレベルになってくれば外資系の会社はもちろん、より外国人と密接に関わってくる仕事に就けるようになります。特にホテルマンや貿易関係、日本語教師など海外でも活躍できる仕事も選択できるので、もっと視野を広げて仕事がしたい人はこのレベルまでの英語の技術が必要です。

語学力を生かした英語の転職先には、海外に勤務地を持つ外資系企業のほか語学を取り扱う企業など多岐にわたります。