保育士としての職場復帰!子育てと仕事の両立

潜在保育士の職場復帰について

以前保育士として働いていたけれど、結婚や出産を機に退職してしまったという人はたくさんいます。いつかまた保育士として職場復帰をしようと考えていた人でも、子育てに時間が取られてなかなか復職のタイミングを得られなかったというケースも少なくないでしょう。保育士としてのブランクが長引けば長引くほど、本当に以前のように現場で働くことができるのだろうかと不安になってしまうこともあります。特に子育てが続いている人は、勤務時間的にも採用されないのではないだろうかという不安も出て来ます。このように保育士の資格を持っているけれど保育士として働いていない人のことを潜在保育士と言います。近年では多くの保育の現場で人員不足が問題となっており、この潜在保育士の発掘が注目されています。保育士としてブランクがある人は職場復帰を不安に感じているかもしれませんが、多くの自治体で復職セミナーが行われていたり、各保育園でも潜在保育士が職場復帰しやすい環境作りが行われています。

子育て経験が武器になることも

保育の現場を離れ保育士としてのブランクがある人でも、ブランク期間にしてきたことが逆に武器になる場合もあります。特にブランク期間に子育てをしてきた人は、子育て経験の無い保育士よりも子供の細かい感情の変化に気付いてあげることができるかもしれません。また、保護者目線にもなれるので、園児の保護者対応などの場面でも実力を発揮させることができるのではないでしょうか。

主婦のパートは、家計を助けるために行われることが多いのですが、103万円の壁といわれるものがあるため、勤務時間の調整も必要です。