こんなきっかけもある!保育士になりたいと思った理由

やっぱり大切な「子供が好きだから」

子供の事が好きでお世話をしたり一緒に遊ぶ事が好きだから、というのは保育士を目指す人の多くが持っている考えのひとつです。もちろんそれだけでは仕事が勤まらないと言うところはあるのですが、子供が好きだからこそ仕事が頑張れると言うモチベーションにする事ができる大切な理由です。

家族などの「身内が保育士だったから」

家族や身内がしている仕事というのはその人にとって一番身近に感じる仕事ですし、特に両親が自営で保育士をしていると言う人たちの中には「自分が跡を継がないと」という理由で保育士を目指す人も少なくありません。

「保育士に優しくしてもらったから」

自分が子供の頃に保育士の人に優しくしてもらった・かわいがってもらったと言う経験はその人や職業への憧れに繋がるため、今度は自分が保育士になって子供たちに同じ事をしてあげたいと考える人も多いようです。

まさかの消極的な理由もいくつかあります

「特にやりたい仕事がなかった」「近くに保育関連の学科の学校があったから」「楽そうな仕事だから」など、特に何のきっかけもなく何となく保育士を目指していると言う人も、実は少なくないようです。

理由やきっかけは様々ですが

このように保育士になりたいと言う人が保育士を目指した理由やきっかけには色々なものがありますが、いずれの場合でも「保育士として働く事」を目標としているところは同じです。そしてこれらの理由やきっかけは実際に仕事を始めてから何らかの出来事にくじけそうになった時や落ち込んだ時の励みにすることができるので、何故保育士になりたいと思ったのかという初心を忘れない事が大切です。

人口が増加傾向にある首都圏において、保育士不足の問題は深刻になっています。就業環境の改善に努めている保育所も多く、働きやすい環境の保育士の求人なら神奈川県横浜市にも多くあります。